• フリーランスの健康管理

  • 適度な運動、食事管理、健康診断

  • コンタクト

フリーランスの健康管理

IT業界で働くフリーランスの方が意外と疎かにし易いのが健康管理です。 20歳代、30歳前半の方はそのような事気にしなくてもいいでしょと思われがちです。 何故ならば人の身体は、20歳代をピークとして一番心身共に調子の良い時期だからです。 20歳代及び30歳前半の多くの方は、仕事・遊び・その他いろいろと忙しかったり無茶したりしても 1日の爆睡で体力が回復して翌日は元気に仕事をしています。

実はこの錯覚が健康管理を疎かにしてしまう一番の原因です。人の身体は、メンテをしなければ20歳から老化が始まっています。 体調を崩すぐらいの軽度な病気であれば、療養を十分にとれば回復するので問題ありませんが、 一番気をつけなけらばならないのは、生活習慣病です。具体的には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあり、その弊害として狭心症や心筋梗塞、脳卒中などが併発するリスクも増えます。 これらの生活習慣病は、「サイレントキラー」とも呼ばれています。これらの病気は痛みを伴わず自覚症状が起きにくく、自覚症状に気が付いた時には、 既に取返しのつかない症状になっている事が多い事が恐ろしいのです。

これらの生活習慣病を回避するための健康管理について説明いたします。

適度な運動

ジョギング、ウォーキング、サイクリング、エアロビクスなど有酸素運動を行う事が、健康管理の1つです。 有酸素運動が色々と良いのが、基礎代謝量の向上、体脂肪の燃焼、心肺機能の改善、血管の柔軟性の改善など生活習慣病の要因を予防してくれるところです。 毎日の運動は厳しいかも知れませんが、土日、祝日の1~2時間を有酸素運動を行うことをお勧めします。 運動に慣れていない方は、ウオーキングで近所の自然の多い公園を周るということからはじめると長続きすると思います。

また、少し会費を払ってサークル活動に参加する事も良い事かと思います。 異業種交流会にもなりますし、独身の方であれば異性の方との出会いの場になりますし、良い事はあっても悪い事は一つもありません。 更にサークルで良い事が主催者や運営者が、こちらの参加可否に問わずお声掛けして頂ける事です。

仕事のできるエンジニアは、脳を鍛えるほかに肉体を鍛える事を疎かにしていない人です。

食事管理

食事管理は、毎日の積み重ねのため、生活習慣病の要因と深く関係しています。 以下の内容に1つ以上当てはまる方は、改善して下さい。

  • 食事時間が不規則である。
  • 食事をとらないときもある。
  • 食事をとる事がストレス発散の1つである。
  • コンビニや外食で済ませる事が多い。
  • 野菜を取る事が少ない。又は嫌いである。
  • 野菜はどうもコスパが悪いと感じる。
  • 食事会、飲み会の参加が多い。
  • 昨日飲食したメニューが思い出せない。
  • カップラーメン、レトルト食品などで済ませてしまう。

これらを改善するには、1週間食事をした内容をメモを取り、家族と話し合うべきです。 または、知人の栄養士や病院に出向き栄養士の方に良し悪しを確認すべきです。

まず野菜を多くとることについて説明いたします。 一時期パクチーブームが起きた事はご存知ですよね。あの癖のあるパクチーが何故人気になったかとえいば、健康と美容に良いからです。 具体的には、パクチーがカリウムというミネラルの含有量が多く効率的にカリウムを摂取できるからです。 カリウムとは、私達の細胞内液に存在しています。そのカリウムを多く取る事で、腎臓内に過剰なナトリウムを排出するゲドックスの作用があります。 すると高血圧の一因を事前に予防することができます。

ちょっとした意識で改善ができる場合もあります。 コンビニの利用が多い方は、主食(おにぎり、パン、麺類、弁当類)に野菜サラダ、野菜ステックの何れかを必ず1品追加する事です。 昔と比べ、今のコンビニの野菜関係が安価になっており、スーパーのお惣菜を購入できる200~300円の値段で購入できます。 フリーランスになったら1日200円×3食×20日=1万2000円の野菜代ぐらい捻出できます。 節約される方は、毎週週末に野菜を購入し、ランチのときだけ野菜サラダを持参するだけでも違います。

また、外食が多い方はメニューを選ぶ際には、野菜サラダなどがセットになっているメニューを選ぶ習慣をつけると良いと思います。 どうしても野菜が気軽に取れない方は、野菜・果物ジュースを食事の時に選ぶ事をお勧めします。 理想は、どんなに忙しくても晩御飯は、自宅で温かくバランスのある手料理を食べる事です。

最後に、食事は毎日の積み重ねです。だからこそ、疎かにしてはいけません。 生活習慣病になってからは、取り返しがつきません。 これだけは覚えておいてください。臓器の細胞は、慢性的なダメージを与えると死んだ細胞は復活しないのですよ。 本読者が嫁さんそしてお子さんのためにも、長く健康でストレスレスに活躍されるためにも是非日々の食事管理を徹底して下さい。

健康診断

フリーランスの方が健康管理で一番気を付ける点は、健康診断です。 理由は何故か?それは、サラリーマン時代では、年1回の健康診断に関して所属している会社の総務部及び所属部役職者が 健康診断の受診をやんや煩くいって頂き、健康診断の受診を社員の義務として必ずやるからです。

フリーランスの場合には、加入する健康保険は、「国民健康保険」となり地方自治体から健康診断の受診券が送付されるだけで、 その対象者が健康診断を必ず受診したかをチェックしていないからです。これも地方自治体の行政の在り方としてどうかと思うのですが。 そのため、自身が健康診断をさぼろうとすれば、何年でもさぼれてしまいます。

健康診断は、生活習慣病などの大病の初期症状を検知する少ない機会です。絶対に診断して下さい。 お客様や、関係者には堂々と健康診断で1日休む報告を入れ調整して下さい。

生活習慣病は、なってからは治せない病気です。病気になってからでは遅いのです。 人生を健全に生きるか又は、ある歳から患いを背負って生きてくかそれを、たった年1回真面目に対応するだけで健康な方向性へ行けるのです。

まとめ

フリーランスのエンジニアの皆様が健康管理に努め、60歳、70歳になってもいつまでも現役で健康でいられる事を心より祈っています。